サラリーマン川柳ベスト10・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマン川柳ベスト10


任天堂の携帯ゲームソフト「脳トレ」やメタボリックシンドロームを皮肉る作品目立つ

第一生命保険は14日、恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の人気投票結果を発表した。
「脳年齢 年金すでに もらえます」
任天堂の携帯ゲームソフト「脳トレ」をテーマにした作品が1位に選ばれた。

ここ数年,第一生命が行っているサラリーマン川柳には妙に共感できたり,楽しませてもらったりと…一般サラリーマンのセンスの良さに驚かされておりますが…今年のグランプリは任天堂の人気ゲーム脳トレからの川柳に決定したようですね!脳トレにはまっている方は特に納得の結果だったのではないでしょうか!?他にはどんな川柳が選ばれたのでしょう?



2位は 「このオレに あたたかいのは 便座だけ」
と現代の家庭事情を皮肉った作品。
3位には 「犬はいい 崖っぷちでも 助けられ」
崖(がけ)で動けなくなった犬が消防隊員に救出されたニュースに関連した川柳が入賞した。
このほか上位10位には
「イナバウアー 一発芸で 腰痛め」
「脳トレを やるなら先に 脂肪トレ」 など流行語や世相を反映した作品が並んだ。
10位以下には
「妻タンゴ 息子はスノボ 俺メタボ」
「デスノート 『脂肪』『脂肪』と 書く女房」
「リバウンド 痩せる前から 気に懸ける」
など、サラリーマンの“悩みの種”であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関連する作品が目立った。
コンクールは今年が20回目。2月に公表した入選作100編の中から投票で選ばれた。

毎年題材の基礎となるものは,流行語やその年のインパクトが強かったものを皆さん使用しているようですが…今年は脳トレとメタボリックシンドロームというサラリーマンの若返りに対する願望が目立ったと言って良いのではないでしょうかね!?サラリーマンの皆さん!頑張りましょうね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。