任天堂 最速1000万台突破・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂 最速1000万台突破


ニンテンドーDSライトがソニーのプレイステーション2越え!

ゲーム情報誌「ファミ通」を発行するエンターブレイン(東京都千代田区)は7日、任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDSライト」の国内での販売台数(推定)が4月第5週(23~29日)に累計で1000万台を突破したと発表した。

任天堂は業績の好調維持が継続しており,その貢献ゲームの一つであるニンテンドーDSライトが1000万台突破という記録をぬりかえたようですね!今やゲームビジネスの勝者となった任天堂!凄いです!



発売から61週目での1000万台到達は、ゲーム機販売の調査を開始した1996年以降では最速という。これまではソニーの「プレイステーション2」の131週が最も速かった。
DSライトの前月(3月26日~4月29日)の推定販売台数は約70万2000台。エンターブレインによると、DSライトはほぼ毎月50万台以上が売れているといい、4月も好調が持続した。

任天堂が好調を維持し続けている理由として…ニンテンドーDSの長期的に売れ続けているということとwiiの存在でしょう!ライバルメーカーのMicrosoftやソニーに技術的に後れをとっていたものの斬新なアイディアの勝利でしょうね!まだまだ白熱しそうなゲーム業界…ユーザーにとっては期待が膨らむところです!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。