任天堂 今期は売上高1兆円台へ・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

任天堂 今期は売上高1兆円台へ


ソフトとハード共にWiiとニンテンドーDSが好調!

任天堂が4月26日発表した2007年3月期の連結決算は、営業利益が前期比で2.5倍の2260億円になった。今期もWiiとニンテンドーDSが寄与し、売上高は創業来初の1兆円台になる見通し。
前期の売上高は9665億円(89.8%増)、経常利益は2888億円(79.7%増)、純利益は1742億円(77.2%増)。期末配当予想を410円から620円に修正。年間690円となり、前期の480円から増配となる。

任天堂は今期も業績の好調が継続しそうですね!好調の理由は…なんと言っても,大ヒット二大ゲームのWiiとニンテンドーDSの売上好調が寄与しているようです!予想以上の販売好調で,今では,ゲームビジネスの勝者となった任天堂!見事です!



ニンテンドーDSが世界で2300万台超を売り上げ、累計販売は4000万台に。ソフトも「Newスーパーマリオブラザーズ」が世界950万本、「ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」が国内521万本を販売するなど絶好調だった。Wiiの販売台数は584万台。生産遅れから当初目標の600万台に届かなかった。
今期はWiiが通年で寄与し、売上高が17.9%増の1兆1400億円を見込む。営業利益は19.5%増の2700億円になる見込みだが、経常利益は円高予想からほぼ横ばいの2900億円にとどまると予想している。純利益も横ばいの1750億円。販売台数見込みは、ニンテンドーDSハードが2200万台・ソフトが1億3000万本、Wiiハードが1400万台・ソフトが5500万本。

任天堂がここまで好調を維持し続けているのは…ニンテンドーDSが発売から2年経過しているにもかかわらずの,未だに売れ続けているということに加えて,昨年の年末商戦で,予想以上のヒット商品となったwiiの存在でしょう!当初は…ゲーム業界のライバルメーカーであるMicrosoftやソニーの強力なシステムと比べると技術的に後れていたため,大方の予想では敗者になるであろうと思われていたことが信じられませんね…確かに,WiiにはPS3やXbox 360などと比較すると高度なグラフィックス処理能力はないと思いますが…ユーザーに受けたのが,プレイヤーがゲーム内でテニスラケットやゴルフクラブ,剣を振り回せる革新的なモーションセンサー付きコントローラを備えているという斬新なアイディアでしょうね!これからも激戦区のゲーム業界であることは変わりないので,ユーザーにとってはメーカー各社がどんなアイディアを打ち出してくるのか楽しみですね!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000016-zdn_n-sci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。