最も安全な車にトヨタ・エスティマ・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も安全な車にトヨタ・エスティマ


第1回「自動車アセスメントグランプリ」はトヨタ・エスティマ

独立行政法人自動車事故対策機構は25日、衝突時の安全性能が最も優れた自動車に贈る第1回「自動車アセスメントグランプリ」にトヨタ自動車のミニバン「エスティマ」を選んだと発表した。乗員保護が運転席・助手席とも最高の評価に当たる6つ星を獲得したほか、衝突時に歩行者を保護する歩行者頭部保護性能も試験を行った20車種の中で唯一、最高のレベル5だったことが評価された。

最近の自動車の普及状況をみても,ミニバンが多く見られ,自動車メーカーでも力を入れているようですが…今回,衝突時の安全性能が最も優れた自動車ということで,トヨタのエスティマが選ばれたようですね!さすがは世界のトヨタというところでしょうし,納得の結果ですね!



選考は、直近1年間の販売実績が上位の車種など軽自動車11車種、登録車9車種の計20車種を対象とした衝突試験の結果を基に実施した。
グランプリは2006年度に創設し、衝突安全性能(運転席、助手席)、歩行者頭部保護性能で最高評価を受けた自動車を「優秀車」とし、その中から最も評価得点が高かった自動車に贈る表彰制度。今回の優秀車は全20車種の中でエスティマのみだったため、グランプリに輝いた。エスティマの現行モデルは06年1月の発売。
05年度の試験ではトヨタのSUV(スポーツ多目的車)「RAV4」が唯一、衝突安全性能、歩行者頭部保護性能で最高評価を得ていた。
今回の試験では、ホンダの「ゼスト」が軽自動車で初めて運転席と助手席の安全性能が6つ星となるなど、軽自動車の性能向上も目立った。
国土交通省と事故対策機構は、1995年度から前面衝突安全性能の試験を公表。00年度から側面衝突試験なども加えた衝突安全性能総合評価にし、03年度からは歩行者頭部保護性能試験も実施している。

ミニバンはファミリー向けとしてのユーザーが多いでしょうから,自動車の安全性については特に配慮しなければならないと思いますし,その点,今回の評価では,トヨタのエスティマがダントツのようですね!トヨタの姿勢を見ると…自動車の走行性能だけではなく環境や安全性も遜色なく配慮されておりますから,自動車業界でもトップに君臨することがうなずけます!他の自動車メーカーもトヨタに追いつけ,追い越せで,技術革新に取り組んで欲しいですね!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。