日韓で動画共有サイト開設・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓で動画共有サイト開設


目標は会員(無料)100万人獲得!

ネット関連ベンチャー企業のプリメディア(東京都中央区)と韓国ソウル市のソフト会社DideoNET(ディデオネット)は、会員制の動画共有サイト「Pri(プリ)TV」を開設し、21日に東京・池袋のサンシャインシティでオープン記念イベントを開いた。

日韓共同で動画サイトを開設したようですね!動画サイトと言えばGoogleのYouTubeが人気を集めており,多くのユーザーが動画の投稿や閲覧を簡単にできるために利用者が急増しておりますからね!後発となるPriTVはどのようなコンテンツやサービスを展開してくれるのか注目です!



新サイトは、日韓それぞれに両社が設立した合弁子会社が運営。ネットの同一画面上で簡単に日本語版サイトと韓国語版サイトを切り替え、日韓間の動画コンテンツ(情報の内容)交流サイトとしても利用できるようにした。ディデオ社の独自の動画再生技術を活用し、DVD並みの高画質で再生できるうえに、ストレスなく視聴できるのが特徴。また、最大32倍速の早送り・巻き戻しなど、DVDプレーヤーと同じような感覚で操作可能という。
イベントには、サイトの初代イメージキャラクターに選ばれたタレントの安東まりあさん(21)が登場。つんく♂プロデュースの最新ユニット「THEポッシボー」も出演し、新ネットサービスをアピールした。
サイトへの会員登録は無料で、登録すれば誰でも動画などの投稿・閲覧ができる。安東さんも自身の“お宝映像”を今後同サイトで公開するという。
コンテンツの投稿・閲覧には無料の専用ソフトのダウンロードが必要。動画は1ファイル最大50メガ(1メガは100万)バイト、静止画は同500キロバイトに対応し、投稿できるデータの容量は動画・画像合計で1人当たり500メガバイトとしている。
YouTubeに代表される動画共有サイトの利用者は年々増加。ビデオリサーチインタラクティブによると、これらのサイトの訪問者数は2006年で1116万人に達し、前年の約9倍に膨れあがった。
プリメディアでは、こうした動画共有サイトのニーズを取り込むと同時に、ブログ(日記風ウェブサイト)、会員間のメール、動画へのコメント投稿などの機能も組み合わせ、日韓が交流する大型コミュニケーションサイトとして100万人の会員獲得を目指す。

今回の動画のサイトの特徴としては,登録は無料で,ブログの投稿や閲覧も可能,画質もDVDレベルということでしょうかね!現状のYouTubeの画質で満足できないユーザーも多いようですし,日本語対応という事でも,日本のユーザーにとってはありがたいことです!動画関連のサイトは今後とも成長していくカテゴリであると思いますので,今後更にユーザーのニーズを取り込んで展開して欲しいものですね!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。