女性起業家の厳しい現実…・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性起業家の厳しい現実…


廃業率が男性の2倍… -厚生労働省調査-

厚生労働省が20日まとめた「働く女性の実情2006年版」によると、女性は起業に向けてのフットワークが軽い半面、廃業する割合も男性の2倍高いことが分かった。知識や経験の不足などに悩む声も多く、事前の準備が鍵となりそうだ。

起業に関する興味深いデータが厚生労働省より発表されたようですね!確かに,以前より,起業や開業の入り口条件が広くなったため,特に女性起業家も多く見られるようになったと思いますが,女性起業家の廃業率の高さを見ると事前準備や経営力が必須ということの起業の現実の厳しさが表れております!



新規開業した女性のうち、過去1年間に無職だった比率は7割を超えている。過去3年以内に離職、開業した女性でも、約4割がパート・アルバイト出身で、気軽に起業へチャレンジする女性が多いようだ。
また起業希望者と実際に新規開業した人の比率をみると、男性の13.0%に対し女性は26.8%となっており女性の実現率が高い。半面、事業を継続するのは容易ではなく廃業率は2割以上と男性の約2倍になっている。

現代社会状況をみると女性をターゲットにしたビジネスが多く,適正面では女性の方が有利であることは間違いありません!しかし,現状で,女性起業家の廃業率が高いということは…多くの女性起業家が経営に対する準備や知識が欠けているということだと思いますので,これからの日本経済発展の為にも,万全の体制でビジネスを展開し,更なる女性起業家のビジネス参加を望みたいものです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070420-00000137-jij-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。