次世代DVD 米娯楽市場BD勝利・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代DVD 米娯楽市場BD勝利


ソニー 映画部門CEOが会見

ソニーの映画コンテンツ(情報の中身)部門の中核子会社である米ソニー・ピクチャーズエンタテインメントのマイケル・リントンCEO(最高経営責任者)は16日、ソニー本社(東京都品川区)で会見し、技術規格が「ブルーレイ(BD)」と「HD DVD」に分裂している次世代DVDの業界標準(デファクトスタンダード)争いについて、米国の娯楽市場ではソニーなどが普及推進する「BDがすでに勝利を収めたとみなされている」との認識を明らかにした。

二分化している次世代DVDの規格問題について,アメリカの市場でもBDの普及率が強く,ソニーサイドでも勝利を確信しているようですね!対抗のHDの方は東芝の動きも消極的なようですし,スタンダードになるのはBDが有力という未来図が見えてきたような気がします…



BDを再生できる家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の昨年11月の米国投入後、SPEのBD映画ソフトの販売数は以前の7倍に急増。コンテンツ事業とハード機器事業の連携戦略がBD普及で着実な成果をあげていることが強気の“勝利宣言”につがっているもよう。
<米ソニー・ピクチャーズエンタテインメント リントンCEOの発言概要>
・次世代DVDの規格争いの見通しは…
「規格問題は基本的にソニー本体や技術標準化団体のDVDフォーラムが決めることだ。ただ、多くの映画の新作ソフトはBDで提供されており、BDの方が確立されている。今秋にはソニー・ピクチャーズのヒット映画の最新作「スパイダーマン3」とBDの強力な組み合わせも提供される。(米国の娯楽市場での)次世代DVDソフトの販売数の市場シェア(1~3月期)はBDの70・3%に対し、HD DVDは29・7%。8つのメジャー映画製作スタジオのうち7つがBDをサポートしている。もっとも重要な消費者の意識は(勝ち残るのはBDだと)数字が示している」
・BDの市場普及のスピードは
「40インチ以上の大画面薄型テレビの家庭への普及、PS3販売の牽引(けんいん)力、BDプレーヤーのコスト低減の3つが鍵だ。これらがどれぐらい早く進むかで普及の度合いは変わるが、かなり速いペースで進むとみている。米国の大手放送局はすでにスポーツや映画など多くの番組でハイビジョン映像を提供しており、これに見慣れてくると通常のDVDからBDへの移行ニーズは確実に強まってくる」

ソニーはビデオデッキでの規格二分化でVHSに敗退しているという過去があるだけに,ビデオデッキの反省を踏まえて,今回のDVDの規格競争に取り組み,緻密な戦略でこのような結果に結びつけることができたのでしょうね!ソフトのシェアでもBDが7割を占めていますし,BDのスタンダード化に向けて,ユーザーからソニーに望むことは,更なるハイクオリティ,ローコストを追求して欲しいものです!


(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。