塗り絵で脳の活性化!・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗り絵で脳の活性化!


単に塗るだけではなく脳を活性化させる方法は…

「脳の活性化」させるツールとして塗り絵が注目を集めている。三菱鉛筆によれば、現在80社以上、200種類以上の塗り絵本が出版されているという。とはいえ、これまでは塗り絵が本当に脳を活性化させるのかどうか科学的な検証例が少なく、三菱鉛筆では、ニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」等で有名な東北大学加齢医学研究所の川島隆太教授と協力し、塗り絵の効果を科学機器で測定・検証した。

任天堂のニンテンドーDSで,脳トレーニングが中高年を中心に脳の若返りをすべく人気を集めておりますが,今回,三菱鉛筆が取り組んでいるのは塗り絵による脳の活性化!検証の結果,単に塗るだけでは効果が薄いことが分かったらしく,検証したからこそ完成した新しいソフトの詳細は…



脳の活性化とは、“脳の中の脳”とも呼ばれる前頭前野の機能向上を目指すこと。前頭前野では創造力や記憶力のほか、感情の制御、行動の抑制を司る。また、集団でのコミュニケーションにも関連があるとされ、高度な精神活動を司っているという。
検証の結果、いわゆる色鉛筆で単に「塗り絵」をする行為自体には、個人差にもあり、必ずしも前頭前野を活性化させる行為とはいえないことが分かった。一方、ぼかしなどの技法や配色、色の濃淡に工夫することで、大きく脳が活性化することが分かったという。特に、鉛筆によるデッサンのように、1色だけで塗り分けるというテクニックを用いると脳がさらに活性化する。鉛筆で絵に濃淡を付ける細かい作業が脳の活性化に“効く”――というわけだ。
こうした検証結果を受けて、三菱鉛筆では川島教授監修の塗り絵セット「脳芸教室~大人の塗り絵」を4月23日に発売する。12色の色鉛筆に加え、2H/H/F/2B/4Bといった5種類の鉛筆も加えた。「濃淡を付けて塗るには、上達すれば鉛筆1本でもできるが、入門者ではなかなか1本では描ききれない。濃さの違う鉛筆を用意することで入門者も濃淡を付けやすくした」(三菱鉛筆)。塗り絵学習用のテキストブックとDVDも付属し、濃淡の付け方を解説する。1セット3675円。

ブレイクした脳を鍛える大人のDSトレーニングでは,簡単な計算をしたり,音読や記憶などにより,脳年齢を導き出し,はまった方が多いと思われますが,今回の塗り絵ソフトも面白そうですね!数字や暗記などが苦手な方にとっては楽しんで脳の活性化に取り組めるのでは!?違った視点での脳の活性化ということで,新たな脳トレとして人気を集めそうな気がします!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070415-00000003-zdn_b-sci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。