日本銀行の金庫って?・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本銀行の金庫って?


金庫の扉は厚さ90センチ25トン

「紙幣が山積みになっている」「金塊がある」…。うわさは聞いたことがあるけれど、どうもイメージがわいてこない日本銀行の「金庫」。「通貨の番人」の心臓部は、どんな風になっているのでしょうか。

一般人が多く関わりを持つ都市銀行や地方銀行とは違い,日本銀行といえば,日本の中央銀行で,銀行券や貨幣の発行や管理をしたり,物価安定のために金融政策をしたりなどというように,目的や業務などもアバウトにしか知りませんが…そんな日本の金融の心臓の金庫について,セキュリティ面を含めてどのようになっているのか!?非常に興味深いですね!



東京都中央区日本橋本石町にある日本銀行本店。警備会社のトラックが頻繁に出入りしています。市中の金融機関などから現金が運び込まれたり、運び出されたりしているのです。特に、ゴールデンウイークを控えた4月下旬や、年末といった市中で預貯金が引き下ろされる時期の前には、日本銀行から何兆円ものお金が金融機関に運び出されます。
日本銀行の重要な役割のひとつが「発券銀行」としての役割。国内で紙幣(日本銀行券)を発行できる唯一の銀行として、国立印刷局で刷られた新しい紙幣の発行から、使えなくなったお札の処分まで「紙幣の一生」を管理しています。ちなみに、100円玉などの貨幣(コイン)も日本銀行から世の中に出回りますが、こちらは造幣局で作られ、発行は政府が行っています。
日本銀行本店内には数カ所に金庫があり、このうち1896(明治29)年に作られ、2004年まで使われていた「旧地下金庫」が一般にも公開されています。レンガ造りの旧金庫の総面積は、なんと1426平方メートル(野球のダイヤモンドの2倍)、関東大震災にもびくともしませんでした。圧巻は1932(昭和7)年に設置された金庫扉。米ヨーク社製で、扉の厚さは90センチ、重さは25トン。開け閉めには、複数の大人の力が必要です。
金庫内には、中心にたどり着くまでにさらに、英ホッブスハート社製の扉(厚さ10センチ)、日本の山田金庫製の扉(厚さ10センチ)があります。周囲に米国、英国製の扉を利用しても、一番の中心部はやっぱり日本製なのです。もちろん、泥棒が入ったことは一度もありません。
旧金庫内にはダミーの札束の山の展示もあります。すべてが1万円札だとすると、1000億円分に相当するといいます。この光景は現在、実際の紙幣が搬出入されている別の金庫でも同様です。紙幣以外にも、貨幣、有価証券や金塊が収納されています。日本銀行の金庫は、東京の本店だけにあるのではありません。経済活動が円滑に進むように、全国の支店にも置かれています。全部でいくらの紙幣が眠っているのかは公表されていませんが、「大災害などの緊急事態があっても、経済活動が支障をきたさない量は確保されている」(日本銀行)といいます。実際、阪神大震災の時にも、当時の日銀神戸支店や、近畿財務局が災害状況を踏まえた機敏な紙幣供給などを実施。金融パニックが起こらずに済んでいます。
ちなみに、地下金庫などを含む見学は予約制で、月~金曜日の公開。原則中学生以上。問い合わせは日本銀行情報サービス局((電)03・3277・2815)です。

さすがは日本の金融の心臓部の金庫だけに想像を絶する扉ですね!しかも何重もなっているようですし,耐震も万全のようですし,セキュリティ面では安心できますね!また…平日は予約で見学できるということですので,この万全なセキュリティを体感すべく機会があれば一度みてみたいものです!


(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。