米アップル…社名変更・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米アップル…社名変更


アップル・コンピュータ 「アップル」に社名変更!!

AP通信によると、米コンピューター大手アップル・コンピュータのスティーブ・ジョブスCEO(最高経営責任者)は9日、携帯電話端末「iPhone」の発売にあわせ、社名を「アップル」に変更すると発表した。
社名変更はコンピューターメーカーから家電メーカーへのシフトを意味し、将来的には「成熟した家電メーカーとしての同社の姿を反映するものとなる」と語っている。

社名から「コンピュータ」を外し,他の市場参入への意気込みが伝わってきますね!



ジョブス氏は、6月に499-599ドル(約6万-7万1500円)の価格で発売を予定している「iPhone」の販売台数が、2008年に1000万台に達すると予想した。2006年の全世界の携帯電話端末機の販売台数の総数は9億5700万台で、この1%を占めようという意気込みだ。

「iPhone」での更に拡大すると予想される携帯電話市場参入とシェアUPへの自信…
マッキントッシュと同OSが搭載されており,タッチスクリーン操作,音楽再生,ネットサーフィン機能を持っているようですね(゚O゚)


また、同社の音楽配信サイト「iTunes」で購入した映画や音楽をテレビで再生するためのセットトップボックス「アップルTV」も来月から発売する。40ギガの容量を持ち、5台までのパソコンからビデオや音楽、写真などをストリーミング再生できる。価格は299ドル(約3万6000円)。さらにパラマウント映画との提携も発表、映画ソフトのラインナップは一気に100本から250本に増加した。

家電市場がアップルの参入により,先行メーカーとの技術競争によって,
消費者にとっては今後の家電製品がどこまで技術革新により飛躍するのか…
期待できる嬉しいニュースです^^



(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。