休日に寝だめは逆効果!?・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日に寝だめは逆効果!?


平日差大きいほど不眠・抑うつ -働く人の睡眠調査-

普段の寝不足、休日に補えません-。休みの日に遅くまで寝ている人ほど、不眠や抑うつを訴える割合の高いことが17日、働く人を対象とする内村直尚久留米大助教授(精神神経学)の調査で分かった。平日の睡眠時間の短さは、抑うつと強く関連していた。

多くの方は平日は朝が早いため,休日にはゆっくりしたいが為に,遅くまで寝ているという習慣になっているのではないでしょうか!?確かに…遅くまで寝ていたからといって一週間分の疲労が回復するとは感じませんが,遅くまで寝ることが逆効果とは意外でしたね…



同助教授は「時間が不規則だと熟睡感が得られない。良い睡眠のためにはできるだけいつも同じ時間に起きることが重要」としている。
調査は昨年12月、首都圏の35~59歳の勤労者約9000人を対象にインターネットで実施、約6000人から有効回答を得た。
それによると、平均睡眠時間は平日6.1時間、休日7.3時間。休日の起床時間が平日より2時間未満遅い人が不眠を自覚する割合は25.9%なのに対し、2~3時間で29.4%、3時間以上で33.3%と、平日との差が大きいほど不眠の人が多かった。
抑うつ経験も、2時間未満4.3%、2~3時間5.2%、3時間以上6.2%となった。

規則正しい生活で,睡眠時間も安定して取れれば良いのは理解できますが…仕事の関係や色々な事情で出来ないという方が多いのでは!?とは言え…何をするにも体が資本!規則正しい生活をするよう公私共に努力する必要がありますね!皆さんも健康には気をつけましょう!!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070317-00000014-jij-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。