最も危険なドメインは「.ro」・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最も危険なドメインは「.ro」


McAfeeが「危険度マップ」を発表!

ネットサーフィンで最も危険なドメインはルーマニアの「.ro」、安全なのは米政府機関の「.gov」――米McAfeeが3月12日、Webサイトの危険度をトップレベルドメイン別にまとめた調査報告を発表した。265のトップレベルドメインを対象に、McAfeeのWebサイト分析ツール「SiteAdvisor」を使用してサイトの危険性をテストした。トップレベルドメインにより、危険性に大きな差があることが判明したという。

ドメインと言えば,インターネット上の住所のようなものですが…セキュリティソフトメーカーの McAfee がドメインの危険度に関する調査を行い,その結果を発表したようです!



SiteAdvisorは、Webサイトの危険性を3段階で評価。アドウェアやスパイウェア、ウイルスなどの危険性のあるサイトを「赤」、安全と思われるサイトを「緑」、危険性は低いものの、過度にポップアップを表示したりするサイトを「黄」と評価する。
報告によると、国別のトップレベル ドメインのうち、最も危険度が高いのはルーマニア(.ro)で、危険なサイトの比率が5.6%に上った。2位はロシア(.ru、危険なサイト比率4.5%)。一方、安全なのはフィンランド(.fi、同0.10%)。以下、アイルランド(.ie、同0.11%)、ノルウェー(.no、同0.16%)、アイスランド(.is、同0.19%)、スウェーデン(.se、同0.21%)と続いており、北欧の国々が多くランクインしている。
汎用トップレベルドメインでは、最も危険なのは.infoで、危険なサイトの比率は7.5%。安全なのは、米国政府機関の.govだった。.comは、危険なサイトの比率では汎用ドメインで2位(同5.5%)、トップレベルドメイン全体では5位だが、利用度が高いために実数としての影響は大きい。危険度「赤」もしくは「黄」サイトのクリック数のうち、86.6%を.comドメイン下のサイトが占めた。
また、日本(.jp)は国別ドメインでの「危険度ランキング」57位で、比較的安全なドメインとされているが、「赤」もしくは「黄」と評価されたサイトに対するクリック数は毎月160万件にも上っているという。

危険度の高いドメインという結果の出ているルーマニアの(.ro)やロシア(.ru)等のサイトは見たことがありませんね…日本のドメインの(.jp)はランクが下で安全なドメインとされているようで安心しましたが…危険なサイトへのクリック率が毎月160万件ということは,無防備さも否定できないようです…
グローバルなインターネットですから,今回のドメインの結果を含めて,危険サイトには各個人が注意を払いセキュリティも強化し自己防衛を行わないとならないですね!



(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000027-zdn_n-sci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。