消費者金融 審査厳格化・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融 審査厳格化


融資お断り急増…各社金利下げを考慮

大手消費者金融4社に新規の融資を申し込んでも、審査の結果断られるケースが急増している。貸金業の上限金利が2009年にも現行の年29.2%から20%に引き下げられるため、経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしているためだ。大手消費者金融の融資拡大路線の見直しが鮮明になってきた。

消費者金融業界の大手各社が,従来より融資の審査を厳しく実施しているようですね…比較的簡単に融資を受けられるという事が特徴であった消費者金融も金利の引下げの影響でシビアに動かざるを得ない状況に追い込まれているようです…



アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。このうち審査を通過して実際に融資を受けた人の比率を示す「成約率」を見ると、4社の平均は前年同期比19.4ポイント低い44.1%に落ち込んだ。76000人が門前払いされた計算だ。特にアイフルの成約率は36.0%と同34.1ポイントも低下。貸出先を厳選した跡がうかがえる。

本来であれば…借り入れする側の立場では,金利の引き下げで融資してもらいやすくなるのではと考えがちですが…消費者金融側では相対比較で金利引き下げ分の利益が減少することから,従来より融資の審査を厳しくして,回収率の良い融資のみを行うという目論みでしょう…いずれにしろ,計画的に資金繰りを行い,極力消費者金融から融資を受けずにしなければなりませんね!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070312-00000067-jij-bus_all
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。