物価世界一は今年もオスロ・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物価世界一は今年もオスロ


東京は5位大阪6位に後退… -世界主要都市の生活費番付-

英経済誌エコノミストの調査部門、エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が8日までにまとめた世界主要都市の生活費番付によると、ノルウェーのオスロが昨年に続き「最も物価の高い都市」の座を維持した。東京は5位(昨年は2位)、大阪・神戸は6位(同4位)とそれぞれランクを下げた。

そもそも物価とは全般的な 価格 の変動のこと…ヨーロッパでは 通貨 高の影響を受けやすいので,変化が小さい日本などと一概に比較は出来ないのかもしれませんが…東京・大阪などの日本の主要としも下がったとは言え相変わらず上位ですね…



2位にはパリが入り、以下コペンハーゲン、ロンドンと欧州の都市が上位を占めた。このほか、経済の急成長を背景にモスクワが29位から26位に順位を上げ、ニューヨーク(28位)を上回った。
EIUでは「欧州通貨高の影響が大きいが、日本の物価はほとんど変化がないのに対し、欧州の物価は上昇している」と分析している。

物価は 通貨 の価値をはかるものさし的なものであり,経済の活動も 通貨 の大きさで表されますから,物価の捉え方や変動は我々消費者にとっても重要なこと…つまり,同じ金額で買える量が左右されますからね…日本国内でも物価の差が大きいので,主要都市での買い物はどうしても躊躇してしまいます…出来るだけ差が生じない安定した社会になってほしいものです…


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000015-jij-int
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。