冬眠実験の クマ 早く目覚める兆候・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬眠実験の クマ 早く目覚める兆候


想定より3週間早く目覚め兆候

上野動物園 (東京都台東区)の冬眠実験で眠っていた ツキノワグマ のクー(メス、推定2歳2か月)が、想定より約3週間早く目覚めの兆候を見せ始めた。

上野動物園 では クマ の冬眠実験という面白い実験をやっているようですね…実験結果では予想していた期間より目覚めが早いということですが…今年は記録的な暖冬…その影響があるのでしょうか?



上野動物園 は「暖冬の影響かも知れないが、外気に触れているわけでもないし……」と首をひねっている。
謎の多い クマ の冬眠のメカニズムを調べるための実験で人工的な環境で冬眠させたのは世界で初めて。
クマ のクーは昨年12月18日ごろから冬眠に入ったが、今月3日、飼育舎内で水を飲んでいる様子が録画映像で確認された。その後は再び眠っているが、野生の クマ は冬眠中は何も口にしないとされる。
上野動物園 の飼育舎内は秋田県北部の山間地の気候を想定し、室温5度に保たれている。

上野動物園 では室温管理もされているようですので,暖冬の影響はあまり関係ないのでしょうかね?温度だけではない何らかの本能的な原因なのでしょうか?先日…秋田でも冬眠期間にもかかわらず クマ の出没という異例の現象もありましたし…暖冬の影響がないと一概には言えないような気もしますが…実態の解明に興味を持ってしまいますね…


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070308-00000501-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。