アナログテレビのゴミ問題・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログテレビのゴミ問題


07年以降の深刻な ゴミ問題 とは…

2011年の地上 デジタル放送 開始で受信できなくなるアナログのブラウン管テレビ約5000万台が07年以降、家電 ゴミ として排出されるとの推計が6日、中央環境審議会と産業構造審議会で報告された。11年前後にはこれに加え年間排出量の2倍近い1500万台が一気に排出されるおそれもあり、対策を検討していくことになった。

この ゴミ問題 については, デジタル放送 が推進される時点で予測できたはずですが…今頃になって対策検討とは遅すぎますし…驚きましたね…



報告したのは、メーカーでつくる「電子情報技術産業協会」。毎年のブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマディスプレーの出荷実績を基に推計。ブラウン管テレビから液晶テレビへの買い替えが進み、07年以降、ブラウン管テレビを中心に年間1000万台程度が排出されるとした。06年に約8580万台あるアナログテレビは、11年に約3500万台に減るという。
一方、アナログテレビは専用チューナーを使えば地上デジタル放送を視聴可能。同協会は約3500万台のうち約2000万台はチューナーを利用するとみているが、残りの約1500万台はチューナーを利用するかどうか見通しが立たず、11年前後に一気に ゴミ として排出されるおそれがあるという。

移行期間で専用チューナーの利用数が7割以上という電子情報技術産業協会の推測は多少疑問を持ってしまいますね…私の周囲もそうですが,買い替えの比率はもっと高く,切り替わりのスピードも速いと思われるので,早急の対策が必要かと思われます!政府が推進しているデジタル放送ですから,新たな ゴミ問題 とならないよう真剣に取り組んで欲しいものです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000104-mai-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。