退職金に無関心の団塊世代!?・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職金に無関心の団塊世代!?


退職金の金額把握と使い道を決めていない…

50歳代サラリーマンの半数が退職金の金額を把握しておらず、使い道についても4割程度が決めていない-。

日本では今年から団塊世代の大量退職が始まり,各業界でも団塊世代をターゲットにしたビジネスをの展開が活発化しておりますが…意外や意外!?当事者やその世代に続く世代の方は興味が薄く,温度差が生じているようです…



野村アセットマネジメントが5日発表した「団塊世代の投資信託に対する意識調査」でこんな結果が明らかになった。野村アセットでは団塊世代や同世代に続く予備軍に対し、「資産運用だけでなく、退職金全体の使い方に対する情報が必要」(同社経済調査室の住田友男上席エコノミスト)と分析している。
調査はインターネットを介したアンケート方式で各年代層を対象に実施した。
それによると、退職金をまだ受給していない50歳代(141サンプル)のうち、「金額を知らない」が48・9%に達した。また、「知っている」(51・1%)と回答したうち72%が使途計画を決めていなかった。

この結果はどう受け止めるべきなんでしょうかね…団塊の世代の方の多くは,特別趣味などを持っている方を除けば,仕事人間として,人生のウェイトの多くの時間を仕事に費やしてきたために,いざ退職という現実に直面した時の時間やお金の使い方に戸惑いを感じているのではないでしょうか…?あらゆる業界で第二の人生のサポートとして,プランを打ち出しておりますが,団塊の当事者方々は今の日本経済を支えてきてくれた方々ですから,当事者の立場に立った充実したプランの提供をして欲しいものです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000007-fsi-bus_all
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。