DVDレコーダーが普及しない理由…・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDレコーダーが普及しない理由…


操作の難しさや録画制限などで敬遠か!?

ビデオデッキに代わる家庭用の映像録画・再生機として普及が期待されたDVDレコーダーが、深刻な売れ行き不振に直面している。一時は次世代DVD発売を前にした一時的な買い控えかと見られていたが、年末商戦でも盛り返せず、最近では「操作の難しさや著作権保護のための録画制限が敬遠されている」との見方が業界で有力になっている。このままでは期待の次世代DVD商戦も不発に終わりかねず、メーカー各社は操作を易しくするなど消費者の関心を取り戻すのに懸命だ。

DVDレコーダーの普及が芳しくない状況にあるようですね…関連メーカーの分析結果では豊富な機能に伴う操作の難しさや録画制限などがあげられておりますが…果たしてそれだけなのでしょうか!?



06年はトリノ冬季五輪とサッカーW杯効果で出荷増が期待されたが、電子情報技術産業協会の調べでは、国内出荷台数は前年比18%減の348万台に落ち込み、01年の調査開始以来初の前年割れとなった。世帯普及率は06年3月末現在で40%(内閣府調べ)で、市場が飽和するにはまだ早い。調査会社のBCNの田中繁広取締役は「AV(音響・映像)機器に関心が高い人の需要が一巡し、次に来るはずの一般消費者に広がっていない。ビデオで十分と考えている人が多い」と分析する。
DVDレコーダーは、電子番組表から選んで録画できたり、ハードディスクに番組をとりためたりできる新機能が盛り込まれたが、逆に「操作が増えて難しくなったという印象を与えてしまった」(メーカー関係者)。
更に深刻なのがDVDディスクへの録画制限。デジタル放送は何度ダビングしても画質が落ちないため、海賊版が出回りやすい。このためDVDへの録画は、1番組につき1回しか出来ない仕組み(コピーワンス機能)が導入された。ダビングが容易だったビデオより使い勝手が悪くなったという苦情がメーカーに寄せられ、テレビ局とメーカーの著作権をめぐる議論も結論が出ていない。
操作方法を簡単にする取り組みは始まっている。松下電器産業とシャープは、自社の薄型テレビとDVDレコーダーを専用コードで接続し、一つのリモコンで操作できる商品を昨年から投入。ディスクを入れればテレビも起動して再生が始まるといった簡単さが受け、両社はシェア1、2位に躍進した(BCN調べ)。
ただ、現状は限られた需要を奪い合う構図で、市場全体の落ち込みに歯止めがかかっていない。昨年から発売が始まった次世代DVDレコーダーは、ハイビジョン画像を録画・再生できるほかは現行レコーダーと機能はほぼ一緒。今年さらに販売が落ち込むようなら、高額な次世代DVDはマニア向けの商品で終わりかねない。

DVDレコーダーに関して普及を進めようと各メーカーも操作性などの対策は進めているようですが…それだけではユーザーが飛びつくとは考えにくいと思います…個人的な見解として,普及が進まない一番の原因は次世代DVDの規格問題なのではないでしょうか!?ユーザーとしては価格がリーズナブルで高画質のものを好むのは当然のこと…しかし,次世代DVDでの規格問題は現状では統一されず各メーカーで路線を選択して二分化されているためユーザーは戸惑ってしまい,買い控えしていると考えます。
規格統一の問題は技術的に厳しいというのは理解できますが…使う側とすれば選択が困難であり,購入するにも現段階では手が出しにくいというのが本音だと思うのですが…



(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070303-00000073-mai-bus_all
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。