フリーター数が前年度比減少・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーター数が前年度比減少


1997年以来200万人を下回る

厚生労働省は2日、06年のフリーター数が前年を14万人下回る187万人だったと発表した。98~01年のデータはないが、200万人を下回ったのは97年以来。仕事だけでなく家事や通学もしないニートも、2万人減の62万人だった。

企業の雇用状況や格差社会などで就職について問題視されている状況の中…昨年の実績で失業率を含めて改善傾向がみられる結果が出たようですね!まだまだ課題はあるものの良い結果です!



187万人のうち15~24歳は95万人で25~34歳は92万人。06年10~12月の正社員は3443万人と前年同時期より59万人増えており、柳沢伯夫厚労相は2日の閣議後会見で「フリーターが基本的には正社員化している」との見方を示した。06年の15~24歳の失業率は8.0%で前年より0.7ポイント改善している。
フリーター数は82年には50万人だったものの年々増え、02年には208万人と200万人を突破。ピークの03年には217万人に達した。政府はフリーター数について、2010年までに03年水準の8割である174万人に減らす目標を閣議決定している。

今年は…団塊世代の大量退職が始まる年でもあるので,企業としても新卒だけではなく,中途採用に関しても,雇用条件や受入体制を再整備してもらい,更なる改善を期待したいものです!また,行政でも雇用促進を推進しているので,更に生の声を吸い上げて,より良い雇用環境になり,暮らしやすい社会になることを望みます!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070302-00000033-mai-pol
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。