インドにシンクライアントPC投入・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドにシンクライアントPC投入


NEC 現地企業と提携し投入

NECは1日、ハードディスク(HD)を持たないパソコン「シンクライアント」をインド市場に投入すると発表した。同国のIT(情報技術)インフラ大手、シフィ(チェンナイ市)と業務提携し、6月からシフィにシンクライアント端末と対応するサーバー製品で構成したシステムを販売する。

NECが経済成長が著しくあらゆる業界で注目を浴びているインドにHDを搭載しないシンクライアントを含めたシステムとしての投入を行い,拡販展開をするようです!



シフィは、同システムをインド企業にリースするほか、自社が運営するコールセンター、インターネットカフェにも導入していく。NECは、2009年までの3年間で10万台のシンクライアント端末と、サーバー6000台を販売し、8000万ドル(約94億円)の売上高を目指す。
NECは05年6月にインドの現地ソフト開発会社、HCLテクノロジィーズ(ノイダ市)と業務提携し、ソフト開発をアウトソーシングするなど、開発拠点としてインドを重視する戦略を打ち出した。昨年8月には現地法人NECインディアを立ち上げ、法人向けシステムの販売などを本格化するなど、市場としてインドへの進出を強化している。NECグループのインドでの売上高は06年で1億ドルだったが、09年には2億ドルに倍増させる考えだ。
そのため、Sjogreen氏によると、道路状況を表示するための十分なデータが収集できない場合もあるという。そのような場合には、道路は灰色で表示される。
シンクライアントはHDを持たず、ネットワークを介してサーバー上のソフトやファイルなどを利用する。セキュリティー性に優れ、HD搭載型パソコンより導入コストが安いのが特徴だ。

インドへの進出といえば…自動車業界が拠点を持とうと展開している動きが印象的でしたが,IT業界としてNECもインドに重点をおき展開するようです!
シンクライアントは情報システムとしてコンピュータ(クライアント)に最低限の機能しか持たせずにサーバ側でアプリケーションソフトやファイルなどを管理するシステムですが…アプリケーションソフトのインストールやバージョンアップ,また,ハードウェアのメンテナンス費用や管理コストを抑制できるというメリットがありますから,企業などの情報システムで運営しているユーザーからは注目を浴びていますからね!
経済成長を継続しているインドだけに,NECは注目したのでしょう!



(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。