Google で米都市渋滞情報提供・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google で米都市渋滞情報提供


Google Maps にリアルタイム交通情報を追加

Google は米国時間2月28日、同社の地図サービスにいくつかの主要都市のリアルタイムな交通データを付加したと発表した。Google は、「 Google Maps 」に交通情報を統合した。サンフランシスコ、ダラス、シカゴ、ニューヨークなど30以上の米国都市の交通状態が確認できるようになっている。

検索エンジンで圧倒的なシェアを持つ Google が新しいサービスとしてアメリカ主要都市の交通渋滞情報のリアルタイム提供を Google Maps に,追加機能として加えたようです!



主要な高速道路に関するデータが提供され、交通状況に応じて道路の色が変化する。緑は渋滞が発生していないことを示し、黄色は軽い渋滞、赤は過度の渋滞を表している。
Google の製品マネージャーであるCarl Sjogreen氏によると、データは、道路センサーや乗用車、タクシーの協力者など、複数の情報源から収集されるという。
そのため、Sjogreen氏によると、道路状況を表示するための十分なデータが収集できない場合もあるという。そのような場合には、道路は灰色で表示される。
Google では当面、主要高速道路の交通データのみを提供するが、今後提供情報を拡大していく予定であると同氏は付け加えた。
Sjogreen氏は、「われわれは常に、交通情報と対象エリアを徐々に拡大していくことを目指している」と述べた。
リアルタイムのオンライン交通情報を提供する企業は Google だけではない。「 Yahoo Maps 」も同様のサービスを提供しており、交通事故の種類を表す記号も表示する。しかしその交通状況を表す色表示は難解だ。
Google の地図は交通状況のみを示し、個々の事故に関する情報は表示しない。
その他「511.org」やニュースサイトの「SFGate.com」「Boston.com」もオンラインで交通情報を提供している。

今回の Google の機能は交通渋滞の状況に応じて識別表示するというのがポイントのようですね!先日,カーナビでも類似した交通情報を受信する装置をテストしている話も聞きましたが…自動車を運転するドライバーにとっては貴重な情報であるため,日本でも全国各地でリアルタイムの交通情報詳細が受信できるシステムの早期実現を期待したいものです!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000006-cnet-sci&kz=sci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。