インターネットアクオス新製品・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットアクオス新製品


タッチリモコン 文字入力が簡単! -シャープ-

シャープは28日、パソコン機能を搭載した液晶テレビ「インターネットアクオス」の新製品を3月下旬から順次発売すると発表した。ネット画面への文字入力を片手でできるよう、リモコンの操作性を高めた。

薄型テレビ市場では圧倒的なシェアを持つシャープが,更に利便性を追求したパソコン機能付きのAQUOSの新製品のインターネットアクオスを発売するようです!どのように進化したのか?興味がありますね…



インターネットアクオスは昨年5月に初のパソコン機能付きテレビとして売り出された。競争が激化する液晶テレビ市場で新たな需要を掘り起こすとともに、付加価値を高め、価格の下落を防ぐ狙いもある。
新製品は20~32型で黒、赤、白の3色のカラーバリエーションを採用。ハードディスクやDVDドライブを搭載したパソコンを組み合わせた。色や画面サイズ、ハードディスクの容量などにより、27通りの組み合わせが選べる。店頭価格は27万~45万円前後の見込み。
リモコンには、指の動きに合わせてパソコン画面のカーソルを動かせる「タッチパッド」を採用。さらに、携帯電話のメールと同じような文字入力方式を取り入れ、キーボードを使わなくてもネット検索などが楽しめるようにした。
インターネットアクオスは、当初は06年度に30万台の販売を目指したが、認知度不足もあり約10万台にとどまった。しかし、昨年の年末商戦の売れ行きは好調で、高橋正光・通信融合端末事業部副事業部長は「07年度は20万台を目指す」と、意気込んでいる。

新しいインターネットアクオスはタッチパッド採用リモコンという操作性向上の他にも,デザインや組み合わせでの種類の豊富さも兼ね備えているようですね!
シャープは,4月1日付けで,若い液晶テレビに精通した片山社長に交代するようですし,今後も液晶テレビ市場に力を入れていく状況がうかがえます!激戦区の薄型テレビ市場ですが,技術とブランドで更なる良い製品を提供してくれることを期待したいですね!



(引用:フジサンケイ ビジネスアイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。