都心で雪のない冬になる見通し…・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都心で雪のない冬になる見通し…


観測開始以来初めての雪の無い冬の都心

2月28日は、気象庁が定義する「冬」の最後の日。この日も関東地方は高気圧に覆われて好天となり、東京都心で雪が降る可能性は低く、気象庁が1876年(明治9年)に観測を開始して以来初めて、都心で雪のない「冬」になる見通しとなった。

今年の暖冬はやはり異常ですよね…都心で観測以来130年間冬には雪があったのに今年は無いですからね…私の住んでいる秋田でも昨年は凄い大雪だったのに今年は全く雪が積もっておらす゛,スキー場などの運営にも悪影響が及んでおります…私の記憶でも秋田でこんなに雪が少なかった冬は無かったように思うのですが…地球温暖化の影響なのでしょうか…?



3月に入っても暖冬傾向は続くと見られており、雪なし記録はさらに更新されそうな気配だ。
気象庁では季節を3か月単位で区切っており、「冬」は12月~2月で、あす3月1日からは「春」となる。だが東京都心の正午現在の気温は12・7度で平年より3・7度高く、夜になっても雨や雪となる可能性は低いと見られている。
3月上旬も暖かくなる見通しだが、「3月中旬には寒気が入り込んでくる見込み」(気象庁天気相談所)で、そのころに遅まきながら初雪が降る可能性も残されている。

地球温暖化の影響なのでしょうかね…?
日本は四季があるという特徴の地域であるのに,完全に崩れてしまっておりますね…このような異常気象では経済だけではなく生態系まで悪影響が及んでしまいます…冬が暖かくて過ごしやすいというのはありがたいことですが,早く正常な気象状況に回復することを望みたいものです…



(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000304-yom-soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。