新卒採用で主要30社の7割が前向き・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新卒採用で主要30社の7割が前向き


2008年春の新卒採用計画に関するアンケート -読売新聞社-

読売新聞社は24日、主要30社を対象に実施した2008年春の新卒採用計画に関するアンケート調査結果をまとめたところ、07年春より採用を「増やす」と答えた企業は13社で、「前年並み」は9社となり、7割を超える企業が前年並みかそれ以上の採用を計画している。「減らす」とした企業は3社にとどまった。企業の積極的な採用姿勢がうかがえ、就職戦線が「超売り手市場」にあることを改めて示した。

来春の新卒採用に関して,現時点での主要30社の企業アンケートではありますが,ほぼ前向きな計画を立てているようであり,来春卒業となる対象の学生にとっては明るい喜ばしい状況のようです!



アンケートによると、三井住友銀行は全体で、07年春より175人多い1600人の採用を計画しており、2001年4月の合併後では最高となる見込みだ。ソニーは事務系、技術系とも増やし、80人多い500人としており、テレビやデジタルカメラ、半導体など成長分野で競争力を高めるとしている。

現状おかれている企業の雇用状況において,景気の回復を見込んでいることもあるでしょうけれども…新卒採用を前向きに考えている要素としては,やはり今年から始まる団塊世代の大量退職ということがあるのではないでしょうか!?技術・技能とも世代交代のタイミングにきており,次世代の勤労者は今まで培ってきた先輩のノウハウを吸収して,日本の経済発展に尽力して欲しいものです!!


(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070224-00000013-yom-bus_all
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。