携帯の多すぎる機能が最大の不満・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯の多すぎる機能が最大の不満


不要な機能が多すぎ…まず音質の良い携帯電話を! -37カ国1万5000人調査-

自分の携帯電話の機能を使いこなせないユーザーは多い。米市場調査会社の調べでも多すぎる機能が最大の不満になっていることが明らかになった。
販売責任者評議会の調査部門フォーラム・トゥ・アドバンス・ザ・モービル・エクスペリエンス(FAME)が37カ国の1万5000人を対象に行った携帯電話に関する調査で、消費者のほとんどが「本当に求めているのは質のよい音声」と回答した。

海外の携帯電話の機能の詳細は不明ですが…便利にしようと様々な機能を搭載しているメーカーの意向とは相反して,機能の豊富さに不満を持っている方が多いというのは意外でしたね…



メーカーはカメラや録音、ビデオなどの機能を加えた新型機を相次いで売り出しているが、その機能が使えなくて消費者がフラストレーションに陥っていることに気が付いていない。
FAMEのデーブ・マレー代表は「消費者が使わないか、使い方を知らない機能があまりにも多すぎる。それがフラストレーションになるのだ」という。
販売店にも問題がある。商品の機能について詳しい説明をしないから、消費者は十分な商品知識を得ないまま買ってしまう。それがフラストレーションの原因になる。
インターネットの浸透で、商品についての情報を友人や家族から得る機会が薄れたことも商品に不満を持つ遠因だ。
不満のなかで多かったのは電池寿命が短いことと各種サービスのコストが高いことだ。
また、米国人と西欧人は話し声が大きいことを非常に嫌っている。
このほかの心配事項は電話に偏執するようになること、データが流出することだった。
マレー氏は「かなり高い比率の消費者が機能が限られた商品を探している。逆により多機能な機種を求める消費者もいるが、実は種々の機能を使えるようになりたいと思っているだけだ」と指摘している。

日本では,用途や使用層に応じて,簡単に操作が可能な機種からオールマイティーな機種というように多彩に揃えておりますが,海外製はアイテムが少ないのでしょうかね?
また,販売店の説明不足なども指摘されているようですが…この辺も日本とのギャップが感じられます…
確かに…携帯電話の本質を考えると通話に関するクオリティを重視するという声も理解できますが,より便利さを求めるニーズも否定できないと思いますので…難しいところでしょうね…
ただ…これだけの結果が出てきていることは事実ですから,メーカーや販売店も方針や戦略の見直しが必要でしょうね…



(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。