ICタグ設置で人に語りかける街創り・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICタグ設置で人に語りかける街創り


ICタグ設置 本格始動! -国土交通省-

ICタグ(電子荷札)を店舗や道路、駅やバス停など街中のあらゆるものに取り付け、道行く人たちが携帯端末で様々な情報を受け取れるような街づくりを国土交通省が本格化させる。

携帯電話などのモバイル端末の急速な普及で…今や携帯端末は生活の必需品となってしまったと言っても過言ではない社会になり,関連企業などは様々なサービスを展開し,我々は便利な機能を使用している状況の中…国土交通省が公共に関するものなどへのICタグ設置に本腰を入れるようです!



すでに繁華街などで実証実験を行っており、4月からは、実用化に向けて利便性向上やコスト低減などを図る。2010年度には「人に語りかけてくる街」を各地で誕生させ将来的には災害情報の発信なども行っていく方針だ。
同省が構想しているのは、だれでも、どこにいても必要な情報を利用できる「ユビキタス社会」。ICタグから発信された文字や画像、音声などの情報を、人々が専用の携帯端末で受信する仕組みで実現を目指す。例えば、駅や空港内、タクシーなどにタグを付ければ運行情報の発信も可能になる。

数年前からユビキタス社会の構築に向け関連企業は開発に着手し,多くの技術が確立されており,情報社会は進化し,企業は勿論の事!個人レベルでも情報収集や情報処理に関しては以前と比較してもスピーディー且つ便利になっております!
ただ…公共関連に関しては,民間と比較すると遅れていると言わざるを得ず,ようやく本格化されるようなので,更なる便利な社会の誕生に期待したいものです!!



(引用:YAHOO!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070217-00000105-yom-soci&kz=soci
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。