ホワイトカラー・エグゼンプション・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトカラー・エグゼンプション


日本経団連会長 改めて通常国会への法案提出を希望

日本経団連の御手洗冨士夫会長は9日、東京・大手町の経団連会館で行われた定例会見で、与党から参院選などを考慮して現時点でのホワイトカラー・エグゼンプション導入に慎重な意見が出ていることについて、「(選挙に)直接関係ないのでは」と述べ、改めて通常国会での法案提出を望む考えを示した。

確かに…参院選への影響は少ないと思われるが,賛否両論ある『ホワイトカラー・エグゼンプション』
どのような展開になっていくのか…




ホワイトカラー・エグゼンプションは、いわゆるホワイトカラー労働者に対する労働時間規制を適用免除する制度で、労働時間に対して賃金を支払うのではなく、成果に対して賃金を支払う仕組みとされる。残業代がゼロになるため、サービス残業の合法化だと指摘する声もある。日本経団連では年収400万円以上の労働者に適用すべきとしているが、与党の公明党は導入に基本的に反対で、自民党の中川秀直幹事長も現時点での導入に慎重な姿勢を示している。
御手洗会長はホワイトカラー・エグゼンプションについて、「現在ある状況を、ある意味整理するもの。時間と仕事の達成が、必ずしも一致しないものがたくさんある。裁量的な仕事に携わる人たちに適した方法として提起したもの。働く方から言っても、今までと違った自由な働きができる」と強調した。

経団連側の意見も理解できないことはないが…現状のままでは,厚労省が部会に提示した報告書案の表現の曖昧さによる企業毎の解釈の相違や実施する上での弊害をある程度クリアーしてからの導入でなければ企業と労働者双方でデメリットが生じると推測される為,慎重に推進することを願いたいものです…


(引用:ライブドアニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。