ミッドランドスクエアで花の祭典・国内・海外・経済・テクノロジー・地域情報・教養などの様々なジャンルから,知って得するニュースを独自の見解を交えて紹介します




スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミッドランドスクエアで花の祭典


フェスタ・ディ・フィオーレ・ナゴヤ~ミッドランドスクエア・インフィオラータ開催

名古屋駅前の超高層ビル「ミッドランドスクエア」(名古屋市中村区)が3月6日のグランドオープン前のプレイベントとして、市民参加で作る花の祭典「フェスタ・ディ・フィオーレ・ナゴヤ~ミッドランドスクエア・インフィオラータ」を、11日から開催する。

名古屋の象徴ともなるであろう…名古屋版ヒルズとも呼ばれる46階超高層ビルのミッドランドスクエアのイベントの一つの花の祭典が開催されたようですね!
国際交流の拠点として!エンタティメントの発信地としてのランドマークスクエア!グランドオープン前に,PRも大々的に行われているようです!




このイベントでは、ミッドランド前の歩道などに設けられた花壇に、一般公募などで選ばれた185人の名古屋市民が色とりどりの花びらを敷き詰めて「インフィオラータ」と呼ばれる9つの花絵を11日に約3時間かけて制作。完成した花絵は18日まで展示される予定だ。
制作する花絵には、「未来の子供たちのために」「自然から生まれる愛の形」「時空を超えて」「金の鯱(しゃち)と月」など、それぞれのデザインコンセプトで描かれる。ミッドランド前に色鮮やかな花絵を敷き詰めることにより、同ビルへの関心を高め、23日後に迫ったグランドオープンを盛り上げるのが狙いだ。
インフィオラータとは、イタリア語で「花のじゅうたん」の意味。約200年前から伊ローマ郊外のジェンツァーノ市で行われている、花びらを集めて巨大な花絵を制作する伝統的な祭りを起源とする。近年はイタリア国内を始め、東京、ニューヨーク、カナダ・トロント、仏ルルドなど世界中で行われている。

今回のイベントは…市民一体となって製作したものであり,とても好感が持てますね!
花のじゅうたんと呼ばれる華やかな花絵は…オープン後にグローバルビジネスやエンターテイメントの拠点となりうるランドマークのオープニングを飾るに相応しいものではないでしょうか!?一度は足を運びたいものですね!



(引用:iza
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。